Re: 東電、パワードコムを子会社化

[掲示板: みかかの鉄人掲示板 -- 時刻: 2024/3/5(13:56)]

掲示板一覧 HELP 登録 LOGIN タイトル一覧 検索     :


上へ 前へ 次へ リプライを全て表示 // 訂正する 削除する // ヘルプ // リプライメッセージを書き込む [返信]

1167. Re: 東電、パワードコムを子会社化

ユーザ名: こまち1号 <joak#yahoo.co.jp>
日時: 2004/7/22(19:07)

------------------------------

"巣田祐二"さんは[url:kb:1162]で書きました:

巣田祐二 ]  当時の水準で考えると「高い」わけで(設備のコストも、料金も)、マスユーザーの需要を掘り起こせるかも分からない中で光をやろうとは思わなかったでしょう。
(中略)
DSLを「やりたくてもできない」理由はありません。やりたいか、やりたくないか、どちらかです。
巣田祐二 ] (コロケーションにスペースがあるかないか、というのは別の問題)

当時でも、FTTHが最終形態と言われていたのは事実でしょう。
DSLに際しては、もちろんメタル線はNTT東西のものを利用している(専門用語で言うドライカッパというものか?)わけで、この意味で言えば日本テレコムも初期JDSLを手がけていましたから、やり方次第では乗り出せたのでしょうが、やはり本命は光(やりたくない)と見ていたのが自然でしょう。

こまち1号 ] 読売の内容も見ましたが、本来の潜在能力でいえば早くからFTTHを展開していたはず(まともなら管内一円に広がる東電のリソースを利用できた)で、やはり通信事業参入初期段階で足かせをはめられた電力グループの苦肉の策にしか感じられません。

巣田祐二 ] # 基幹網で展開できていればNTTがBフレッツやらないエリアはほとんどなくなる

やればBフレッツに先行して市場を取れた(NTTが電話局に対し、東電は変電所、支店や営業所を本拠に自社電柱や送電線を使って展開できた)でしょう。やはり足かせをはめられたのが痛かったかもしれません。

電灯線通信は以前から言われていますし、インフラだけならすぐにでも電力会社で展開できるのですが、日本では短波帯無線通信への問題があって難しいのではないでしょうか?

巣田祐二 ]  「東京23区と周辺に限られる」というのはどこから出てきたのでしょうか?

1年ほど前、横浜市外れの知人宅にFTTHの導入を検討した際です。知人がADSLの不安定に業を煮やしていたため、FTTHを調査したところ、当時、Bフレッツがサービス提供予定地域として申し込みを受け付けたのが、当地で利用可能となる唯一のFTTHサービスであったためです。
有線FTTHはようやく川崎市の一部や横浜市中心部(神奈川区や西区、保土ヶ谷区あたり)までで、横浜市の全域はカバーできていませんでした。電力はまだ都内23区の一部と三鷹・武蔵野市あたりに留まっていた状態です。

巣田祐二 ]  ざっと検索してみましたが、該当するものが見つかりません。ソースを提示してください。
巣田祐二 ]  不要な同軸ケーブルを撤去、という部分は見つかったのですが……。

[url:http://www.jinvestor.com/cgi-bin/bbsarticle.cgi?c=4842&m=4]
従来物理的に電線を張り巡らせていた有線音楽の配信方法を衛星に切り替えたためです。電線を撤去=電柱使用料の節減(難産の末にやっと獲得した電柱使用権の返上)が目的ですので、電柱に架設するFTTH事業(光ファイバ網)の拡大はしないということでもありましょう。

巣田祐二 ]  それを言い出すと、通信が自由化されているのだからNTT法の規制を撤廃しなさい、ってことにもなりますが。
巣田祐二 ]  独占的地位を持った事業者に足かせがつけられるのはやむをえない部分でしょう。電力事業の一部自由化が始まっているとはいえ、電話と違って消費者は電気事業者を選べませんし、マイラインならぬ「マイパワー」(仮)なんてサービスも期待できません。消費者からすれば自由化なんてのはかなり縁遠い存在ですから、不公正な競争を生む原因を作るのは大問題であり、社内のファイアウォールなどきっちりとしていただきたいと考えます。

公正な競争条件を作るということでは、通信事業においてはNTTの弱体化を基本政策として進めていた節があるようですが、どうしても公正な競争条件の整備は難しいですね。
他業種でも、新たに自由化が行われた事業分野に新規参入企業が入ったケースがありますが、ことごとく既存企業の前に敗れ去っている現実を見るにつけ、公正な競争条件というのはどの程度のものなのか考えさせられます。
通信分野でもDSLを開拓したベンチャーのメタリック通信がありましたが、結果的にはNTTの前に敗れ去った現実があります。NTTに伍して事業を行うとなれば、電力系ほどの資本的・営業的バックは必要ではないでしょうか。

巣田祐二 ]  まずお断りしておきますが、DTIは三菱電機系「だった」ISPです。三菱電機も株主であるとはいえ、現在はパワードコムがほとんどの株を持っていますから。
巣田祐二 ]  DTIへのPOINT事業移管はごく最近のことですし、きっかけでもなんでもないと思います。ISPを統合していかないと生き残りが難しくなってきたので、やむなく、といったところではないでしょうか。

うーん、知らぬ間に三菱電機からパワードコムに親会社が変わっていたのですか、ユーザとしては迷惑かもしれません。
プロバイダ事業の再編は、確かにADSL開始の頃でありましょう。(同一グループのパソコン通信とプロバイダ事業の統合は別としても)第一次はOCN開始による地場プロバイダの消滅(旧TWJの旧KDD吸収含む)、第二次がADSL開始による第一次で残った事業者の再編とブランドイメージを生かしたヤフーの参入。バックボーンの整備など投資負担が多いのは事実なので、相当な資本力がないと対応できなくなったのかもしれません。


  1. [時事]東電、パワードコムを子会社化 [こまち1号] 2004/7/16(09:00)
  2. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [巣田祐二] 2004/7/18(01:21)
  3. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [こまち1号] 2004/7/20(09:54)
  4. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [巣田祐二] 2004/7/20(21:34)
  5. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [こまち1号] 2004/7/21(16:16)
  6. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [巣田祐二] 2004/7/22(09:12)

▲リプライ元

▼リプライ

  1. Re: 東電、パワードコムを子会社化 [巣田祐二] 2004/7/22(21:18)

Maintenance: mikaka@mikaka.org
KINOBOARDS/1.0 R7.3: Copyright © 1995-2000 NAKAMURA, Hiroshi.